人に会わずに完全に1人でできる仕事で現実的に生計を立てられる可能性のあるものってじつは4つくらいしかありません

このブログに来ていただいてる方々の中には、人間不信から抜け出せない、就職活動がうまくいかないなどの理由から1人でできる仕事を探してるケースも多いことでしょう。

あなたももしかしたらそうかもしれません。

ぼっちまんも持病があるなどの理由からずっとそんな仕事をうお~!!!ってものすごい目をして探してた時期があります。

またおまえは大げさだな

昭和虫

ぼっちまん

いやいや、マジで独立前はそんな感じで探してたよ…あの勢いはいま思い出すと笑えてくる(笑)

で、結論として本当に1人ビジネスとして真面目に生計を立てるって考えるとね、魅力な仕事って…そうそうないという現実がありました。

別に何の根拠もなく言ってるわけじゃなくて、副業時代から含めて6年間いろいろ試してきた結果としてそう思いますね。

早くその仕事教えろよ!という声が聞こえてきそうなんで、ぼっちまんのおすすめ順にその職業をこれから書いていきますね。

ただ、1つだけ前提として、以下に該当するような仕事は最初からアウトオブ眼中です。

除外する仕事
  1. 元々特殊な才能や運が必要になるような仕事
  2. 1人に見えて実は人間関係がつきまとう仕事(例えば、漫画家とか家にこもってるイメージですが編集者などとやり取り多いですよね)
  3. 初期投資にものすごくお金がかかる仕事
  4. 時給が異常に低くて話にならない仕事(昔からある内職系とか)

あくまで完全に1人で完結できて(他人とのやり取りが一切ない)、なおかつ基本的に凡人が作業量、努力でとりあえず飯を食えるレベルまでならいけるなと実体験も含めて思えたもののみ紹介します。

もうこの前提読んだだけでも、記事タイトルどおり、そこまで種類は多くないということは予想できますよね(笑)

サイト運営は人に会わず1人でできる仕事のなかで1番おすすめ

ぼっちまんは基本的に現在、サイト運営の仕事をベースにして生計を立ててる状態です。

そのなかに広告を張り付けることで収入を得ています(広告の種類についてはまた別記事で解説します)。

サイト運営をおすすめしたい最大の理由

それは利益率がハンパないからです。

私のようにサイト運営だけで生計を立ててる人もいますが、さて、月30万の売り上げで年間売上360万の自営業って聞くとどういうイメージをあなたは持つでしょうか?

どうしても昔からある喫茶店のような店舗ビジネスとかのイメージが頭にこびりついてて、売上げ360万?しょぼっ!て思うかもしれません。

いやいや、じつはこの売り上げのほとんどが利益なんですよ。

ブログを運営するのに必要なお金ってサーバー代(サイトを開設するための家、土地のようなもの)が年間数千円から高くて1万円程度、そして、ドメイン代(サイトのURLのこと)が年間数百円です。

なので月30万の売り上げでも普通に食べていくくらいはできる収入です。

売り上げイコール利益くらいに思ってよいでしょう。

実際、ぼっちまんも利益率は90%超えてます(笑)

あと利益率が高いってことは、じつは初心者さんにとって非常に優しいってことわかりますか?

あなたは喫茶店やアパレル店を経営してうまくやれる自信ありますでしょうか。

ぼっちまんはやっていける自信ありません(笑)

在庫も抱え、人も雇い、たくさんのリスクを抱えることになりますので、高いレベルでの経営手腕が必要です。

でもサイト運営なら無在庫、初期投資ほとんどゼロ、人件費ゼロ(自分自身は除く)、いつでも撤退OKかつ撤退費用ゼロです。

もはややらない理由がないくらいですよね。

サイト運営ビジネスが持つ2つ目のメリット

じつはこのビジネスの1番すごいところって収入が増えだしてからなんです。

最初0円から月1万まで伸びるところよりも月10万超えてからのほうが作業量が少ないというケースのほうが多いんです。

なので、1つのサイトが収益を生んでるあいだに次のサイトを作るという拡張がしやすいんですね。

これってすごく大事なポイントなんですよ。

例えば、あなたが喫茶店を1人でまわして運営してたとしましょうか。

1店舗運営しつつもう1店舗出せますか?

人を雇わないともはや無理ですよね。

もちろんサイトの運営だって1人で何十個もできるわけではありませんが、収益源の分散、横展開がめちゃくちゃしやすいとだけ覚えておきましょう♪

サイト運営は自分の興味あるテーマを選べるのもメリット

基本的にどんなテーマのサイトをつくろうが誰にも文句を言われる筋合いはありません(笑)

もちろん、収益がふくらみやすい、稼ぎやすいテーマというのはあるんですけど、あなたが月30万くらいまずは稼ぎたいということであれば、基本的にどんなテーマでもいいです。

月1000万目指すとかなってくるとそれなりにテーマは考えないといけませんけどね…。

サイト運営型ビジネスのデメリットはないの?

良いことばっかり書きやがってという声も聞こえてきそうですが、デメリットももちろんありますよ~。

私が実際にやってて感じるデメリットは大きく2つあります。

1つは一定の収入に達するまで時間がかかるという点です。

明日すぐに収入がないと食べていけないということであれば、まずはバイトでもなんでも時間給の仕事を探したほうがいいですね。

2つ目は、グーグルの検索順位変動などの影響を受けた際に収益がガクッとさがることがある点です。

なので、サイト運営の仕事一辺倒にしなくてもいい、人間関係を完全に拒絶するほど人間不信ではない!(笑)ということなら、多少の人付き合いが生じる別のひとりビジネスとセットで取り組むと理想ですね♪

人と会わずに完結できる2つ目の仕事はストックフォトビジネス

そもそもあなたがスマホで何気なく撮影した写真…案外売れることもあるってご存知ですか?

意外と素人が撮った写真って売れるものなんですよ~

で、どうやって収益をつくっていくモデルかというと以下の通りです。

STEP.1
写真を撮りまくる
あちこち旅もしながらとにかく写真を撮る
STEP.2
販売サイトに登録
Photo ACなどの販売サイトに写真を登録
STEP.3
写真をまた撮りまくる
気が遠くなるほどの枚数の写真を撮れ!!(笑)
STEP.4
販売サイトに追加登録
気が遠くなるほどの枚数を根性で全部登録!!
STEP.5
不労所得が生まれる
無数の写真の中で売れ筋商品が不労所得としてあなたを支えます

このようにとにかく力技なのがストックフォトビジネスです。

あと面白いのは販売先が日本だけじゃなくて世界中なんですよ!

なので収入だけじゃなく、自分の写真が国外で買ってもらえるってスゴイ魅力的じゃないですか。

そういった喜びもあるのがストックフォトビジネスです。

また、販売先が世界中とものすごく市場が広いので、たった1枚の写真で家が建つという話もある世界です。

夢はありますよね~

ぼっちまん

…って無数の写真を撮るという覚悟は必要ですけど

もしあなたが完全なる人間不信でどうしても人と一切会わずにできる仕事を選びたいなら、ストックフォトビジネスをやってみてはどうでしょうか。

人生の大底にいるぼっちまんもそうだけど…

どうせ失うものないんだろ?(笑)

もしそんな同志がいたら、だったら1人ビジネスとことんやり遂げてやろうぜ~!って応援したいですね。

ぼっちまん

株も人生も大底打ったらもう後は上がるしかないのであ~る

もちろんスキルを伸ばして、かつあなたの人間不信が改善すれば(笑)、将来気づけばプロカメラマンとして普通に人付き合いしながら依頼を受ける存在になれるかもしれません。

そうなれば素晴らしいことですね♪

人と会わずにできる3つ目の仕事はストックフォトのイラスト版

もうこれは長々と書きませんが、写真を撮るかイラスト書くかの違いです。

もしあなたがお絵かき大好きなら、全然アリだと思いますよ。

しかも写真と違って家から一歩も出なくていいですからね。

引きこもりタイプの人間でも問題ないですね。

しかし!!大きなデメリットが1つあります。

それは写真のようにバシャバシャ無数に商品をつくれないという点です。

ぼっちまん

そう考えるとやっぱり写真より更に難易度は高そう…やったことないのでわかりませんけども

完全に人と会わずにできるわけではないけどおすすめの仕事一覧

もしあなたが持病あるけど多少は出勤あっても大丈夫とか、極度の人間不信でないなら(笑)、おすすめできる仕事の幅はグッと広がります♪

他人と多少のやり取りはどうしても生じる仕事のなかで、私がやろうかな~って1度でも考えたことのあるものを中心にここでは紹介します。

主に時給制の仕事が多いので、上で紹介したサイト運営などとセットでやってみると収入が安定していいかもです。

模擬試験の採点スタッフ

これも人とあまり会わずに在宅でできる数少ない仕事の1つです。

河合塾、代ゼミ、ベネッセなど色々な企業が募集をしています。

ただし、受験生の答案を採点する以上、大卒以上の学歴が必要な仕事ですので誰もが応募できる仕事ではない点はデメリットです。

また、もう1つのデメリットは採点開始前に研修、面接などで1度は出向くことが必須の企業が多いです。

なので、人間関係を完全に拒絶するレベルの人にはちょいと厳しいかもしれません。

ぼっちまんは英語が好きですし、もちろん研究者時代に英語で論文書いたりした経験はありますので、応募するなら英語を選ぶかな~。

ライターなどの受託業務

ランサーズなどが有名ですが、そういったサイトでは常時ライターさんなどの募集をかけています。

これも在宅で完結できる仕事なのは魅力ですが、仕事を依頼してきた人とのやり取りは当然生じます。

なので完全なる人間不信な人、持病が原因で納期を守れなくなる可能性のある人などには向いてません。

また、1つの仕事依頼をこなしたら〇〇円という収入のスタイルなので、スキルを磨いてある程度高単価の仕事がとれるようになってもマンパワーの面で収入にどうしても限界が見えてきます。

ビル管理の仕事

これは結構穴場な仕事といいますか、じつはぼっちまんの知り合いがこの仕事やってます。

聞いたところによると、もしできるだけ人と会いたくないなら職場選びが重要になるそうです。

おいしいホワイトな職場だと例えばいつも待機部屋には自分1人とか、深夜勤務した際には施設の電球取り換えただけであとは待機だったとかそんなこともあるそうです。

逆に、忙しい職場だと常時待機部屋に何人もいて結局コミュニケーションとりながら仕事しないといけないようです。

そうなるともはや人と会わずにできる仕事じゃないですよね。

もし興味がある人は、できるだけヒマそうな職場を選ぶとぼっちで仕事ができる可能性があがる…んじゃないかと願ってます(笑)

ガソリンスタンドのバイト

これもビル管理の仕事と同じく、職場によっては人付き合いが少ないそうです。

たしかに、ぼっちまんがいつも立ち寄るセルフスタンドも係員の人いつもポツンと管理室の中からぼっち状態でこちらを眺めてます(笑)

あとガソリンスタンドといってもお客さんが勝手にガソリン入れて立ち去っていくセルフスタンド系以外はむしろ普通の接客業になってしまいますので、セルフスタンドの職場を探してみてください。

せどり

人に雇われる時給制以外、自営系だとせどりかなぁ。

ただ、ぼっちまんはあんまりこの仕事好きじゃないんですよね。

昔、ちょっとだけ興味本位でやってみたことあるんですけど管理がとにかく大変ですし、もともと利益率があまり高いビジネスじゃないですよね。

本能的にこりゃ長い目で見たら私はダメだと思いましたので、すぐやめました(笑)

せどりでちゃんと十分な利益出せる人はすごいな~と今でも思ってます。

なので一応書きましたけど、初心者が1からやるって考えるとちょっと大変かなと感じますね。

いつの日か人と会わずにできる仕事を探さなくてよい日がくることを…

あなたがこんな長い記事をここまで読んだということは、かなり真剣に職探しをしてるんだと思います。

ただ、本当は人間不信から脱却する、持病が改善して人と会わずにできる仕事を探さなくてよくなるのが1番理想に決まってますよね。

ぼっちまんもいつかそうなれたらと思ってます。

その一方で、どちらにしても周囲の人間全員にはしごを外されても生きていける能力を身に着けておくことも大切ですよね!

日本が衰退していく今の時代は、特にそうなんじゃないかと思います。

なので、誰にも依存しないひとりビジネスのスキルはこれからもお互い磨いていきましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です