世の中は不公平であることをさっさと受け入れて仕事を選ぶと少し楽になりますよ~

世の中って本当に不公平ですよね。

生まれながらに容姿で恵まれている人、一発目でいきなりビジネス大当たりした人、どんなに食べまくってだらしない生活しても一向に病気にならない人…。

自分の周りでこんな話を聞くと、理不尽と感じることも多いハズです。

世の中は不公平である

ぼっちまんもそういう情報に振り回され、イライラしていた時期がかつてありました。

特に、自分がうまくいってない時に他人が何かに成功したり順調にいってる話を聞くと…。

ただ、私の場合は妬みとかそういうものよりもまるで自分だけが不運な目にばかりあっているような錯覚におちいったことのほうがつらかったです。

ぼっちまん

でもね、そんな経験をしたぼっちまんも今では同じ状況でも大して何とも思わなくなりました

なぜかというと、生まれながらにして不公平であることや運にも左右されることを腹の底から受け入れたからです。

これは別に受け入れ方のコツがあるとかじゃなくて、物事を考える時に冷静に「前提条件」としてそういう世の中なんだと毎度考えるようにしただけです。

世の中は不公平である

で、次にじゃあどうしたらその不公平感にできるだけ振り回されずに済むか考えたんですよね。

独立後の仕事を選ぶ際にも…。

世の中は不公平であることを前提として生き方を考えた結果…

例えば、世間一般的に容姿がかわいいと周囲からよく言われる女性がYouTube動画を投稿すると基本的にアクセスは伸びやすいです。

全く同じ内容の動画におじさんが出演しても悲しいくらい再生回数は伸びません(笑)

そう…まったく動画で伝えてる中身は同じだとしても…です。

嘘だと思うなら、このことを意識して色んな動画の再生回数を見てみてください。

世の中は不公平である

何が言いたいかというと、ぼっちまんは独立する際に努力でどうしようもできないことで有利、不利が生まれるビジネスをできるだけ避けました。

言い換えると、容姿など他人の主観で評価が左右されかねないビジネス、重鎮たちが凝り固まっていて「既得権益」という言葉が似合うビジネスなどです。

世の中は不公平である

前者は接客業、営業マン、芸能界など対面重視のビジネスが該当しますよね。

後者の例としては、たとえば私が今から鉄道会社をおこして既にある巨大な鉄道会社を押しのけ土地も確保し、「ぼっちまん鉄道」を走らせることはできるでしょうか?

もちろん不可能とは言いませんが、気の遠くなるような話です。

世の中は不公平である

ですので、ぼっちまんは弱い立場にいる人間でもある程度同じ土俵に立てることを意識しました。

私の場合は、最終的に決断したのが今やってるネット広告業と株式投資だったんですけどね。

特に株式投資というのは、やり始めて感じたことなんですけど本当に平等です。

あなたの生い立ち、経歴、容姿などなどぜ~んぶいっさい関係ありません!!

人によっては、「何を熱く語ってんだよ…」と思うかしれません。

でも、持病も抱えてて生きる場所がどこにもなかったぼっちまんには本当にありがたかった!!

ぼっちまん

そして、どんなに非モテ夫であっても配当金と株主優待は届くんです(泣)
バレンタインチョコとかは無理だけどな…けけけ

昭和虫

話が投資にそれてしまいましたが、もしあなたが日頃から仕事してて「既得権益」とか「不公平感」などに内心うんざりしてるなら、ゴロッと意識を変えて別の仕事を選んでみるとストレスから解放されるかもしれませんよ~

世の中の理不尽を避けるために意識したこと
  1. 容姿や生い立ちなど先天的に決められたことに左右されない
  2. スタートアップに大きな資金が必要ない
  3. 他人の主観的な評価に振り回されない

この3点に合致するネットビジネスを選んだだけでも、ぼっちまんの精神的な負担は軽くなりました!

弱い立場にいる人が不公平な世の中で生きていくために…

誰にでも弱い立場に陥ることはあり得ます。

貧乏な家に生まれた、容姿でずっとからかわれてきた、持病があって会社員として働けない、災害に見舞われた…色々あることでしょう。

世の中は不公平である

そんな弱い立場の人こそ「自分の努力でどうにもできないこと」を冷静に、冷静に分析して振り回されない仕事をして欲しいなと思ってます。

ぼっちまんも持病でただでさえ大変な立場にいるわけですから、そういうものからできるだけ離れて活動することを意識して生活しています。

ぼっちまん

マンパワーも「1」で勝負してるからね

そこに他人からもたらされる「不公平」とか「理不尽」まで降りかかってきたらたまりませんわ…。

ひとりビジネスをやってる人は、特にそういう環境から逃げたほうがいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です