ホテルリソル池袋のコンパクトシングルルームに株主優待券使って700円で宿泊してきました♪

ホテルリソル池袋のコンパクトシングルに宿泊

ホテルリソル池袋は池袋駅東口から徒歩10分から15分のところにあります。

実際、歩いてみると結構駅から離れてますが、ここも都内有数の大きな駅である池袋周辺のホテルとしてはわりと安いです♪

なので株主優待券がなくても、ビジネスホテルとして十分検討する価値はあると思います。

<ホテルリソル池袋へのアクセス>

近くには京王プレッソイン池袋もあって、ここも利用したことがあります。

料金も同じくらいですし、同ランクのホテルといったところでしょうか。

リソル池袋のコンパクトシングルルームはその名の通り…

リソル池袋のコンパクトシングルルーム

窓もこの1つだけで開放感がありませんので、部屋の大きさがそこまで狭いというわけではないのですが、ちょっと窮屈に感じました。

コンパクトシングルという名前の通りですね。

ただ、リソル系のホテルは至るところに独自性が溢れてるのがいいんですよ~

リソル池袋のベッド足場

例えば、ベッドのうえに登りやすいようにこうやって1段足場をつくってくれてるとか。

リソル池袋の内装

他のリソルホテルもそうですが、玄関で靴を脱いで部屋に上がる形式になってるのも普通のビジネスホテルではあまり見ないですよね。

ホテルリソル池袋のスリッパ

部屋のデザインがビジネスホテルにしては結構オシャレなのは個人的に高く評価してます!!

ホテルリソル池袋の室内設備

コンパクトシングルルームで唯一物足りなかったのは、ユニットバスでしたね。

リソル池袋のお風呂場

他の部屋はどうなってるのかわかりませんが、コンパクトシングルの浴槽は他のリソルホテルに比べるとやや小さめでした。

う~ん、リソル秋葉原やリソル桜木町へ宿泊した時、ユニットバスが思ったより広くて満足でしたので、それと比較するとどうしても見劣りしてしまいます。

なので、もしあなたが都内に宿泊する場合、宿泊場所が池袋である必要ないなら最近オープンした新しいリソル秋葉原などで優先的に部屋の空きを探したほうがお得かもしれません。

リソル池袋のアメニティー

値段もそこまで大きく変わりませんので、どうせなら新しいホテルのほうがいいですよね~

リソル池袋の朝食はおなじみのCHANTI(キャンティ)でビュッフェ形式

リソル池袋の朝食はCHIANTI

リソル系列のホテルだとCHIANTI(キャンティ)というイタリア料理のお店で朝食をいただくことが多いです。

今回もビュッフェ形式でしたので、自分の好きなものを思う存分ごちそうになりました♪

リソル池袋の朝食ビュッフェCHIANTI(キャンティ)

ここの店舗はメニューがかなり多くて、和洋中華なんでもありでした!

リソル池袋の朝食ビュッフェのベーコンとポテト

個人的にこのベーコンは美味しかったので、2回もいただいちゃいました♪

そして、スクランブルエッグをいただこうと思ったら…なぜかたこ焼きが2個残ってたので思わず取りましたw

リソル池袋の朝食ビュッフェのスクランブルエッグと卵

ぬあっ!?

スクランブルエッグのテリトリーにたこ焼きが転がってしもうたばい。

なんか目玉が2つあるカタツムリさんみたいな不思議な生き物に見える…。

ちなみに、ここのスクランブルエッグですが、トロトロで美味しかったですよ♪

リソル池袋もリソルグループの株主優待券で宿泊費を1,000円以内にできます!

旅行好きでなおかつ株主優待にも興味があるということなら、ぜひともリソルグループの株主になることをおすすめします!

1枚2,000円の株主優待券(リソル商品券という名前)が年間10枚もらえるんですが、この優待券は現金の代わりに使えます。

株主優待のリソル商品券2,000円 【5261】リソルホールディングスの株主優待はなんと100株保有で商品券20,000円分!!ホテル宿泊費を無料にしたい人におすすめ♪

今回は宿泊費が約8,700円でしたので、リソル商品券4枚使えば、残り700円払うだけで宿泊できてしまいますよ~

ぼっちまんはひとりビジネスしながら人生を楽しみつつも、配当と株主優待狙いの株式投資もしておりまして、徹底して節約にも努めてます。

ぼっちまん

宿泊費を節約して1日でもぼっち生活を延長しよう、そうしよう

東京に旅行する時になんといってもネックなのが高い宿泊費。

ぼっちまんは西日本のほうが行く機会多いので、本当に東京はホテル料金高いなと感じます。

あなたも株主優待に興味があれば、リソルグループのホテルを上手に利用して、現金を使わずに東京滞在を楽しむといいですよ♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です